TEL 0296-22-5724


検索エンジン対策 (SEO対策・検索エンジン最適化)

進化を遂げた現代版検索エンジン

 近年、検索エンジンは進化に進化を遂げ、検索する人によって結果が違うようになりました。検索した人にとって、より最適化した結果を出そうということですね。

 飯島Webデザインでは、複数のパソコンとスマートフォンを使っておりますが、皆それぞれ検索順位が違います。(もちろん、同じときもあります。)

 検索順位は、検索エンジンの使用履歴や検索場所、また、パソコンかスマートフォンかなど端末の種類、等々、あらゆることを総合して決めているのではないかと思います。

 従って、本来の順位を知るすべがありませんし、人によって検索順位が違うのですから、本来の検索順位など存在しないと言った方が正しいのかもしれません。

 そうは言っても、検索順位が高いことが理想であることに変わりはありませんので、今後もこれまで通り検索エンジン対策をお薦めします。

検索イメージ

検索エンジン対策 (SEO対策・検索エンジン最適化)

 検索エンジンに対象ページが希望キーワードとの関連性を適切に評価されるようにすることを検索エンジン対策と言います。適切に評価され、結果的に高い検索順位が獲得できれば、ホームページのアクセス数が上がりホームページの効果が高まります。

 google の調査によれば、検索結果からのクリック率は、右のグラフに示すように、2位〜10位までは、順位が1つ下がるにつれおおよそ7掛けで減少するそうです。仮に2位のクリック数が1000と仮定すると、3位が700、4位が490…、10位が58 になります。

 順位が下がるにつれ、ホームページを開いてもらえる確率が驚くほど下がります。

 ホームページの効果はアクセス数にほぼ比例します。「アクセス数」を「売上額」と読み換えたら、いかに検索エンジン対策が大切か分かりますね。

検索順位とクリック数

検索順位を上げる方法

 検索エンジンは、検索順位をどのように決定しているか、その仕様を公開していません。公開すれば、検索エンジンを欺く対策がなされ、検索結果の品質の低下を招くことが予想されます。最適な検索結果を出そうとすることと相反することになりますので当然と言えます。

 検索エンジン対策は、キーワードとの関連性を検索エンジンに適切に伝わるように最適化することが基本です。

 ホームページの文書構造は、印 (タグと言います) の付いた文字でできています。検索エンジンは、検索順位付けの1つの指標として、このタグによりキーワードとの関連性の重みを判断していると言われています。

 飯島Webデザインは、ホームページ作成ソフトに頼らず適切な文書構造 (HTML) を作成できる数少ないホームページ制作事務所で、ホームページ制作ソフトに頼っているホームページ制作会社に比べ、優位です。

 検索エンジン対策実績は、制作実績ページ をご覧ください。

 google に対する検索エンジン対策実績を掲載していますが、基本的に google も Yahoo!JAPAN も検索順位は同じです。Yahoo!JAPAN は 2010年11月より google と提携し検索サービスを提供しています。

 尚、近年、検索順位の決定方法に過去の検索履歴やその結果に対する行動履歴などが考慮されるようになったようです。検索環境によって検索順位に違いが生じるようになったのは、これが要因と思われます。

参考

 検索エンジンを欺き一時的でも高い検索順位を獲得しようとする手法は、本来検索エンジン対策ではありません。検索順位を決定する仕様が変更されれば、いつか突然順位が下がりますし、そればかりか、場合によってはペナルティを受ける可能性さえあります。ご注意を!

  • 検索エンジン対策 ページの最適化 (内部要因)

    1. ページタイトルにキーワードを記述する
    2. 見出しに<h1>〜<h6>タグを用いる
    3. 見出しにキーワードを記述する
    4. ページの本文にキーワードをほどほどにたくさん記述する
    5. ページ上部にキーワードを記述する
    6. キーワードを<strong>タグで強く強調する
    7. キーワードを<em>タグで強調する
    8. キーワードを<b>タグで他の文章と区別する
    9. キーワードを<i>タグで他の文章と異なることを示す
    10. キーワードを<span>タグで差別化する
    11. <img>タグのaltにキーワードを記述する
    12. <meta>タグのkeywordsにキーワードを記述する
    13. <meta>タグのdescriptionにキーワードを記述する
    14. HTML などドキュメントの文法を W3C に準拠する
    15. 外部サイトにリンクしない
    16. キーワードの記述にJavaScriptを用いない
    17. 動的ページを多用しない
    18. フレームを用いない
    19. 作成したぺーじを安易に削除しない
  • 検索エンジン対策 外部サイトからのリンク (外部要因)

    1. ページランクの高い外部サイトからのリンクを増やす
    2. 外部サイトからのリンク文字列にキーワードを記述する
       (アンカーテキストマッチングと言います。)
  • 検索エンジン対策 (その他)

    1. サイトを独自ドメインで運用する
    2. google サイトマップを設置する

検索エンジン対策 (ページの最適化) は無料

 検索エンジン対策は、ページの最適化 (内部要因) と外部サイトからリンクをもらうこと (外部要因) が柱となっていますが、このうちページの最適化に飯島Webデザインは料金を設けていません。つまり、ページの最適化は無料です。

 なぜそのようなことができるか、その秘密は、飯島Webデザインはホームページ作成ソフトに頼らず、適切なタグを用いてホームページを制作することが出来るホームページ制作事務所だからです。恐らく、そのようなホームページ会社は、100社のうち数社あるかどうかです。そして、適切なタグを用いてホームページを制作することに特別なコストはかからないからです。

 2015年3月現在、最新の言語は、HTML 5 です。このホームページも HTML 5 を用いてタグ打ちで制作しています。

ソースコード

検索エンジン対策が有効なホームページ

 検索エンジン対策は、どのようなホームページに有効でしょうか。

 飯島Webデザインは、最も有効なのは製造業など企業間取引を行う事業者のホームページだと認識しています。

 製造業は、個人を対象とした商品やサービスを提供するお店に比べ同業他社が少ないケースが多く、単一キーワードで高い順位が獲得できる余地がまだまだあります。

 また、製造業の取引額は、個人を対象とした商品やサービスとは比較にならない程大きく、さらに、その一回を契機に取引が繰り返えされることもしばしばで、新たな取引先の開拓が企業業績を大きく左右すると言っても過言ではありません。

 飲食店など地域に密着した事業者様では、地域キーワードを加えて高い検索順位を獲得できれば、ホームページの効果が高まるでしょう。

製造業

検索エンジンマーケティング (SEM)

 検索結果の上位をどのようなキーワードで狙うべきか調査分析することを「検索エンジンマーケティング」と言います。例えば、「着物」と「きもの」では、検索キーワードとして、どちらがより多く用いられるか、ご存知でしょうか。

 正解は、「着物」です。

 このような人間の行動傾向を調査することで、より適切な検索エンジン対策を施すことができるようになります。

 誰も検索しないキーワードで高い検索順位を獲得しても、意味がありませんね。

 参考 : 検索エンジンマーケティングを SEM (Search Engine Marketing の略) とも言います。


ときには検索エンジン対策を捨てることも大切

 検索エンジンは、画像に書かれた文字を認識しないため、検索エンジン対策ばかりに重きを置きホームページを制作すると、画像が少ないあまり美しくないページになります。

 実際、制作実績で検索エンジン対策ばかりをアピールしているホームページ制作会社が制作したホームページを拝見すると、画像が少なくあまり美しくないホームページが多い印象を持ちます。

 ホームページの効果は、閲覧数 × 商品やサービスの魅力で決まります。

 従って、例え検索エンジン対策が上手く行きアクセス数が多くても、閲覧した際に商品やサービスの魅力を伝えられていなかったら、結局は効果がでません。

 魅力的に商品やサービスを伝えることと検索エンジン対策を施すことを両立するのは、意外と大変です。それはまるで大空間のデザイン溢れる建物と地震に強い安全な建物が両立し難いことに似ています。

 検索エンジン対策は大切ですが、ホームページを制作する目的は、高い検索順位を獲得することではありません。商品やサービスの魅力を伝えることと、検索エンジン対策は、バランスを取ることが大切です。

 もし、高い検索順位の獲得がどうしても困難な際は、ときには検索エンジン対策を捨てネット広告などの利用も視野に入れることをお勧めします。

 ホームページへの誘導は、検索エンジン対策だけではありません。


ホームページ制作についてのお問い合わせ

 ホームページ制作についてのお問い合わせは、茨城県筑西市の方ばかりでなく、結城市、桜川市、下妻市、つくば市、古河市、常総市、栃木県小山市、真岡市など、筑西市(旧下館市)以外の方も、また東京他全国の方も、どうぞお気軽にお問い合わせください。

  TEL/FAX 0296-22-5724  E-mail info@iijimaweb.com  お問い合わせフォーム

動作環境

飯島Webデザインホームページは、最新の言語である HTML5 を用いています。
HTML5 対応ブラウザ ( Internet Explorer、Google Chrome、Mozilla Firefox など ) でご覧ください。

モバイル (従来の携帯電話) 用ページは、右のQRコードを読み取りご覧ください。
スマートフォンなら、地図を除きパソコン用ページをご覧になることをお勧めします。

http://www.iijimaweb.com/m/